山ヨガ「ムササビの夜2016」@栃木県ワイルドフィールズおじか

アウトドアイベントでヨガを担当させていただきます。今年で5回目☆


「ムササビの夜2016」は、

アウトドア業界のレジェンド堀田貴之氏と

テンマクデザイン主催のキャンプイベントです。


秋の美しい自然の中で、

思い切り心と体を開きましょう。


ヨガマット代わりに、

大判タオルまたはシュラフの下に敷くマットをご持参下さい。



「ムササビの夜」参加者募集|tent-Mark DESIGNS

TENTTARPCAMPING ACC.SLEEPING BAGTAKIBICOOKINGTREKKINGCollaboration Works『ムササビの夜』は、今年で5年目を迎えます。 琵琶湖での開催も含めると、7回目となります。 だからといって、変わりようがありません。 今年も、『Cool but Natural(かっこよく、かつ自分らしく)』! 風も吹かない毎日に飽き飽きしてないか? 自身が飛ばされてしまいそうな風の中を歩いてみるとか、月の光を全身に浴びてみるとか。 そんな日々を送っているかい? 『Facebook』の世界で群れるのではなく、『Face to Face』で過ごそうじゃないか、という二日間です。 秋の匂いが濃い、男鹿高原へ。 ぜひ!堀田 貴之おいしいものをおいしく食べたい。 だから、お願いがあります。紙やプラスチックの使い捨ての皿やカップを使うのをやめましょう。 今回の『ムササビの夜』では(次回以降も)、フードブースでは皿やカップを用意しません。 なので、ご飯や飲みものを注文する人は、各自が自分の食器をブースに差し出してください。 また、ホットサンドコンテストでも使い捨てのお皿へ載せてのエントリーはご遠慮ください。 そして、スタッフも僕も、使い捨て食器を使いません。キャンプが終わったあとのごみが、使い捨てのカップや皿でいっぱいなのを見るたび、うんざりします。 それになにより、僕は大好きなワインやコーヒーを紙コップで飲みたくないし、心を込めて作ってくれた料理を紙の皿で食べたくありません。おいしいものをおいしく食べる。 そんなキャンプにしましょう!われわれは、「バックパックを背負って旅へ出ることに誇りをもっている人たち」を応援したい、と考えました。そこで、キャンプ場の最寄り駅である<野岩鉄道会津鬼怒川線>「男鹿高原」駅まで、送迎の車を運行することにしました。男鹿高原駅からキャンプ場までは、約2キロ。お気軽に送迎車も利用してください。もちろん、「おれは歩いていくぞ」という人も、国道で親指を立てヒッチハイクで現地まで来る人も、歓迎します。ホットサンドのコンテストを行います。堀田さんのホットサンド好きは有名です! 皆様の自慢のレシピでコンテストに参加してみませんか?

www.tent-mark.com


【日時】2016年10月15日(土)~16日(日)

   ※山ヨガは16日(日)朝8時を予定しております。

   ※山ヨガの参加は無料です。


【場所】ワイルドフィールズおじか

    栃木県日光市横川502-1


【キャンプ参加費】 大人(中学生以上) 4,000縁

          子供(小学生) 2,000縁


・マイ箸・マイ皿・マイカップ持参をお願いしています。

・ゴミは各自持ち帰りをお願いしています。


お申し込みは↓

にじいろ珠ヨガ小田原・茅ヶ崎

ヨガ アロマタッチ インド占星術